省エネ工事の時に使用する電子ブレーカーのイメージ写真

電子ブレーカーについて

通常のブレーカーは熱動式といって、金属に電気が流れることで生じる熱により遮断する仕組みです。このために常に精密な動作をせず正確な電流値と時間で遮断することはありません。

電子ブレーカーは実際に流れる電流値を測定し内部制御回路のタイマーで時間を計測しているため、電気用品安全法(PSE)の技術基準の許容範囲最大まで使用できるように設計されています。

電子ブレーカー導入による電気基本料金削減

低圧電力は従来負荷設備契約といって、設備のモーター容量の足し算により契約電力が決められています。それを主開閉器契約というメインブレーカーの容量で契約電力を決定する方法に変更することで、契約電力を削減できる可能性があります。

省エネの電気契約をイメージする電線の写真

電子ブレーカーの特性と主開閉器契約をうまく組み合わせることで契約電力を下げることができ、結果として基本料金の削減が可能となります。

電子ブレーカー導入の流れ

調査

専門の調査員が現地へ赴き、設備の使用状況を無料で調査いたします。


契約電力の決定

調査結果に基いて、最適な契約電力を決定します。


ご契約

お客様の最適なプランをご提案させていただきます。


設置工事

現地にて電子ブレーカーの設置工事を行います。


電力会社への申請

電力会社に契約変更を申請いたします。


電力会社による確認検査

電力会社による確認・検査が行われます。


契約変更

責任をもって対応できるアフターフォローの体制を構築しています。

省エネサービス内容

 
お問い合わせ